助手席や後部座席で事故に遭った

   

このようなお悩みはありませんか?

イラスト

  • 交通事故の際、助手席に乗っていた
  • 同乗していた人も怪我をしている
  • 知人に載せてもらった車で交通事故に遭った
  • 助手席や後部座席でも保険は適用可能?
  • 費用面が不安で痛みを我慢している

マンガ

※この漫画の無断転載・複製を禁じます。

施術風景助手席や後部座席に同乗していて交通事故に遭った場合でも、保険適用で施術を受けられます。
(こちらへ来られる前に、まずは医療機関でレントゲンやMRI等の精密検査を受けてからお越しください。)

ご家族やご友人などが運転する車に乗っていて交通事故に遭う場合もあります。
その時に受けたケガに対しても、きちんと保険が適用されます。

「助手席や後部座席だったからそんなに衝撃を受けた感じもしないし、ケガもしていないから大丈夫!」そんな風に油断していると、後になってじわじわ痛みや違和感が現れる可能性もあります。

また、「友人が出かける際ついでに目的地まで乗せてもらった」「歩いている途中で友人の車が通りかかって拾ってくれた」などといった場合、特に相手の好意だからこそ身体に痛みや不調があってもなかなか言い出せず、時間ばかりが過ぎていくケースもあります。

「迷惑をかけたくない」「せっかく善意で車に乗せてもらったんだし…」などという心配をして放置するケースもありますが、そうなるとその後長い期間不調にや痛みに悩まされることになりかねません。

助手席・後部座席で事故に遭った場合でも、保険が使用出来ます!

事故の写真金額に上限はありますが、運転手との関係性(恋人や友人、家族など)に縛られることなく、きちんと一人一人に自賠責保険が適用されます。

なお、まずは医療機関で精密な検査・判断を受けていただいてから、横浜市港北区交通事故治療.comの施術を受けることをお勧めいたします。

何故なら、これからの施術に関して適切な計画を立てる参考となることに加え、骨折など思っていた以上に大きなケガを負っている場合があるからです。

事故の瞬間、運転手の方は一瞬身構えますが、助手席や後部座席に座っていた方は不意をつかれ、身構える間もなく無防備な状態でケガをする確率が高いです。

そのため、運転していた人よりもむち打ちなどが酷くなるケースが多くみられます。

ご家族の車であっても友人の車であっても遠慮することなく、必ず医療機関へいったのち、横浜市港北区交通事故むち打ち治療.comまでご相談ください!

交通事故治療から保険の手続きまで総合的にサポート!

カウンセリング横浜市港北区交通事故むち打ち治療.comでは、交通事故施術だけでなく、分かりにくい保険の手続きまで総合的にあなたを支えます。

事故状況や不調といったお悩みに真摯に向き合うため、まずは丁寧にカウンセリングを行います。
そして、それぞれの方に合わせた最適な施術プログラムを組み立て、お悩みに寄り添いながら健康な身体づくりを目指していきます。

「好意で乗せてもらった車で事故に遭遇した」
「友人と交代しながら運転していて事故に遭った」
「家族の運転する車に同乗していて事故に遭った」

など、「しばらくして痛みが出てきたけど、運転手じゃないから保険の適用は難しいのかな…」そんな風に悩まれている方は、ぜひ私たちにご相談いただければと思います。