自損事故・対物事故での治療費や保険について

このようなお悩みはありませんか?

イラスト

  • 自損事故の施術費用は自己負担なの?
  • 対物事故で怪我を負ってしまった
  • 自分に非があっても保険って使えるの?
  • 費用が心配で不調をそのままにしている
  • 自損事故保険について知りたい!

マンガ

※この漫画の無断転載・複製を禁じます。

自損事故・対物事故による保険

施術風景相手のいない単独事故…いわゆる自損事故の場合、恥ずかしさもあり医療機関へ行くのをためらう方もいらっしゃいます。

また、自損事故でも思っている以上に身体には負担がかかっているもの。今は痛みも無いからといってそのまま放っておくのは危険です。

事故のケースにもよりますが、自損事故の場合でも保険が適用されることがあります。

自損事故・対物事故での施術費用など分からない事がありましたら、是非、横浜市港北区交通事故むち打ち治療.comへご相談ください。

「大したことないから」と安易に考えてそのまま放置していても決して良くなることはなく、むしろ悪化していく可能性が考えられます。

保険(自賠責保険、任意保険)が適用されると、施術費など自己負担はありませんので、安心して身体のケアに専念できますよ。

知っておきたい、自損事故保険

カウンセリング法的に加入が義務付けられている自賠責保険は「被害者」の救済を目的としています。

相手がいない自損事故の場合、他人である同乗者に関しては「自賠責保険」から補償されますが、運転していた本人に対しては自賠責保険からの補償はありません。

自損事故保険というのは、自賠責保険などで補償が受けられない場合に保険金が支払われるものです。
そして、これは運転者だけではなく同乗者の方に対しても補償されます。

様々な保険会社から出ている任意保険で、自損事故と人身傷害の両方に加入している場合は、補償内容が良い人身障害保険が適用されます。

補償内容も保険会社によって様々ですが、一般的には、死亡保険金、後遺障害保険金、介護費用保険金、通院や入院した場合に使える医療保険金などがあります。

また、自損事故保険はドライバー自身を守るための保険であるため補償内容が限定的な部分があり、補償を受ける条件も決められています。

「事故証明書」を交付する必要がありますので、単独事故の場合も必ず警察に届け出をしてください。

まずは早めに医療機関へ!

説明する医者自分の運転ミスだったり、対物だからといって「保険が使えない、施術が受けられない」そう思われているケースはよくあります。

ですが、実は保険も使えますし、施術も受けることができます。

費用のことを気にして自身の身体のことから目を背けていては、余計に事故と怪我との因果関係を証明しにくくなってしまいます。

だからこそ、できるだけ早めに医療機関にかかることをおすすめします。

加入されている保険のご契約内容によって違いがありますので、必ずご確認をお願い致します。